粘着テープカッター

開放特許情報番号
L2004004516
開放特許情報登録日
2004/3/26
最新更新日
2009/4/10

基本情報

出願番号 特願2003-102583
出願日 2003/4/7
出願人 有限会社東栄工芸
公開番号 特開2006-117327
公開日 2006/5/11
登録番号 特許第4264283号
特許権者 有限会社東栄工芸
発明の名称 粘着テープカッター
技術分野 輸送、生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 テープカッター
目的 粘着テープに切り裂き糸を貼着しながら、粘着テープを切り裂き易い形態で貼付することができる粘着テープカッターを提供する。
効果 切り裂き糸を付け、つまみ片を形成するので、粘着テープを切り裂いてダンボール箱等を開けるのが簡易である。
技術概要
 
本発明は、手軽にかつ簡易にダンボール箱などを開けることができる様に粘着テープを貼付できる粘着テープカッターを提供するものである。図1,2に示すように、粘着テープ2を回転可能に取り付ける保持部3を形成した粘着テープ保持体4と、保持体に設けた粘着テープの繰り出し方向の粘着面中央部に切り裂き糸5を供給する切り裂き糸供給手段6と、切り裂き糸を貼り付けた粘着テープ2Aを切断し、切断した部分の切り裂き糸が貼り付けられた部分に、対向する二つのつまみ片7,8となるように切込みを入れるカッター部10と、つまみ片形成部の近傍に切り裂き用ガイド孔11,13を切り込むことができるガイド孔形成手段12とを備える。また、任意の位置にガイド孔を形成する第二のガイド孔形成手段15を合わせ持つ。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 切り裂き糸を付け、つまみ片を形成するので、粘着テープを切り裂いてダンボール箱等を開けるのが簡易である。
改善効果2 切り裂き用ガイド孔が形成されているので、確実に粘着テープを切り裂くことができる。

登録者情報

登録者名称 有限会社東栄工芸

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT