岩塩型結晶構造を有する二酸化マンガン結晶及びその製造方法

開放特許情報番号
L2004004503
開放特許情報登録日
2004/3/26
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2002-220845
出願日 2002/7/30
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-059379
公開日 2004/2/26
登録番号 特許第3903175号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 岩塩型結晶構造を有する二酸化マンガン結晶の製造方法
技術分野 無機材料、金属材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、リチウム電池材料、電子材料等として広い分野で利用される。
目的 電池材料の高容量化を可能とする、新規な結晶構造を有する二酸化マンガン結晶及びその製造方法の提供。
効果 従来の二酸化マンガンに比較して、高い体積エネルギー密度を有する高容量の電池電極材料を得ることができ、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
斜方晶系の結晶構造を有する、斜方晶LiMnO↓2の単結晶等のリチウムマンガン酸化物から化学的にリチウムイオンを脱離させることによって生成させることにより、単結晶で、岩塩型結晶構造を有する二酸化マンガン結晶を得る。尚、リチウムイオンを酸または酸化剤を使用する化学的酸化手法により脱離させるか、または電気化学的に脱離させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT