複合セラミックス材料の製造方法

開放特許情報番号
L2004004496
開放特許情報登録日
2004/3/26
最新更新日
2015/9/10

基本情報

出願番号 特願2003-161309
出願日 2003/6/5
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-058050
公開日 2004/2/26
登録番号 特許第3598349号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 複合セラミックス材料の製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、車の排気ガス、たばこの煙に含まれるアンモニア等の化学物質、壁紙等からのアルデヒド類等を吸収除去する吸着材等として広く利用される。
目的 光酸化機能及び物質吸収機能を有する複合セラミックス材料の製造方法の提供。
効果 ロッド状のリン酸カルシウム単結晶のアパタイトが付着した二酸化チタン光触媒複合体を作製することができ、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
光活性(光酸化機能)を有するアパタイト等のリン酸カルシウム単結晶が部分的に付着した二酸化チタン複合セラミックス材料を製造する方法であって、(A)リン酸カルシウムクラスターを形成、集合させ、リン酸8カルシウムを生成させ、(B)前記リン酸8カルシウムをアパタイト等のリン酸カルシウム単結晶Ca↓9(PO↓4)↓6に転化させ、(C)前記単結晶を成長させる、を進行させて、アパタイト等のリン酸カルシウム単結晶Ca↓9(PO↓4)↓6が一個以上からなる化合物が部分的に付着した二酸化チタン光触媒複合材料を作製することにより、二酸化チタン複合セラミックス材料を得る。尚、二酸化チタンの露出面積が40%以上である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT