抗DNAモノクロナール抗体及びその産生ハイブリドーマ

開放特許情報番号
L2004004451
開放特許情報登録日
2004/3/26
最新更新日
2015/9/10

基本情報

出願番号 特願2002-201064
出願日 2002/7/10
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-041042
公開日 2004/2/12
登録番号 特許第3837510号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 抗DNAモノクローナル抗体及びその産生ハイブリドーマ
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 各種DNAの分離精製、定量等、極めて広い範囲の用途に使用されるモノクロナール抗体に適用する。
目的 特定のハイブリドーマから産生されるモノクロナール抗体を提供する。
効果 塩基配列に対して特異的な認識性がなく、DNA一般を認識可能なモノクロナール抗体を効率よく産生できる。
技術概要
HeLa細胞の核ホルマリン固定化物の破砕物を抗原として、マウス脾細胞を免疫感作して得られた細胞とミエローマ細胞とを融合して得られたハイブリドーマ(FERM P-18913)を、スクリーニングすることにより、DNAの塩基配列の特異的認識性がなく、かつ、1000塩基対以上の2本鎖DNAを認識する、長さ認識性を有する抗モノクロナール坑体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT