二次電池の化成法

開放特許情報番号
L2004004434
開放特許情報登録日
2004/3/26
最新更新日
2015/9/10

基本情報

出願番号 特願2002-183764
出願日 2002/6/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-031037
公開日 2004/1/29
登録番号 特許第3994155号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 二次電池の化成法
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 特にハイブリッド車に使用される二次電池に適用する。
目的 特定の構造を有する二次電池に、封口の後、特定の電流で充電及び緩充電を行うことからなる化成法を提供する。
効果 低価格、高出力で高寿命の二次電池が可能になる。
技術概要
 
(A)二次元構造を有する支持体に、水酸化ニッケルと導電剤を含有するペーストを塗布してなるニッケル正極と、(B)厚さ1〜60μmの微孔性セパレータと、(C)二次元構造を有する支持体にペーストを塗布してなる負極と、を備えた二次電池を構成し、封口の後、正極から酸素が発生するまで0.07〜1.0CmAの電流を流して充電を行い、次いで、0.07CmA以下の電流で緩充電を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT