担子菌類の産生する不凍タンパク質

開放特許情報番号
L2004004416
開放特許情報登録日
2004/3/26
最新更新日
2015/9/10

基本情報

出願番号 特願2003-057888
出願日 2003/3/5
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-024237
公開日 2004/1/29
登録番号 特許第4257970号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 担子菌類の産生する不凍タンパク質
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 アイスクリーム等の冷凍食品の品質保持、細胞・組織の冷凍保存、冷熱供給システム等の配管凍結防止等に利用できるタンパク質に適用する。
目的 担子菌類から単離、精製してなるタンパク質を提供する。
効果 従来に比べて温度ヒステリシス活性、氷の再結晶阻害活性等の不凍活性が高く、また、人体に対する安全性も高く、培養が容易で、大量に、かつ安価に調製できる。
技術概要
ヒダナシタケ目またはハラタケ目等に属する菌類からなる担子菌類の産生する、水溶液の凝固点を降下させる効果を有する不凍タンパク質であって、例えば、Ala−Gly−Pro−Ser−Ala−Val−Ala−Gly−Leu−Thr−Ala−Gly−Asn−Tyr−Ala−Ile−Leu−Ala−Ser−Thr、Ala−Gly−Pro−Ser−Ala−Val−Pro−Leu−Gly−Thr−Ala−Gly−Asn−Tyr−Val−Ile−Leu−Ala−Ser−Thr等のN末端アミノ酸配列またはこれらと実質的に相同なN末端アミノ酸配列を含むものがが挙げられる。このタンパク質は、担子菌類が産生して細胞外に分泌するタンパク質、この物質を産生する菌株を低温条件で培養し、この培養液から分離、精製して調製される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT