重金属イオン吸着材、その製造方法及びそれを用いた重金属イオン除去方法

開放特許情報番号
L2004004403
開放特許情報登録日
2004/3/26
最新更新日
2015/9/10

基本情報

出願番号 特願2002-178665
出願日 2002/6/19
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-016994
公開日 2004/1/22
登録番号 特許第3643873号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 重金属イオン吸着材、その製造方法及びそれを用いた重金属イオン除去方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 水処理、超微量重金属イオンのクロマト分離用に使用される重金属イオン吸着材に適用する。
目的 特定の金属結晶を多孔質体に担持してなる吸着材を提供する。
効果 担持させた金属結晶の欠点を克服し、例えばAs、Sb、Zn、Cr、Cr等の重金属イオンの分離操作に適した材料形態を有し、再生により繰り返して使用できる特長を有する。
技術概要
α−リン酸ジルコニウム結晶を多孔質体に担持してなる、担持量が多孔質体に対して1〜90重量%であり、密度が5g/cm↑3以上の吸着材とする。この吸着材は、イオン交換樹脂、多孔質セラミックス、シリカゲル及びアルミナゲル等の粒子、シート、膜等の形状を有する多孔質体に、オキシハロゲン化物、オキシ硝酸塩、アルコキシド等からなる可溶性ジルコニウム化合物を含浸させた後、80%以上の高濃度で含有するリン酸の水溶液を加え、次いで100〜180℃の温度でオートクレーブ等の耐圧容器内で処理して、α−リン酸ジルコニウム結晶を析出させ、多孔質体に担持せしめて得られる。。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT