燃料電池用改質装置、燃料電池、燃料電池の作動方法

開放特許情報番号
L2004003751
開放特許情報登録日
2004/3/12
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-412165
出願日 2003/12/10
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-174704
公開日 2005/6/30
登録番号 特許第4555961号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 燃料電池、燃料電池の作動方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 燃料電池用改質装置、燃料電池、燃料電池の作動方法
目的 燃料電池の起動時間の短縮、周辺設備および制御の簡素化を行うことの実現。
効果 燃料電池の起動時間の短縮、改質関連および停止関連の周辺設備の簡素化、負荷応答性の改善、および制御(起動制御、負荷応答性制御)の簡素化を行うことができる。
技術概要
この技術では、ジメチルエーテルを二酸化炭素で改質する。起動時には二酸化炭素ガス供給装置から二酸化炭素を、定常運転時には、アノード室からの排出ガスを、または前記排出ガスと二酸化炭素ガス供給装置からの二酸化炭素との混合ガスを、改質反応器またはアノード室に供給するように構成することが好ましい。また、停止時あるいは緊急停止時に、二酸化炭素ガス供給装置から二酸化炭素をパージガスとして改質反応器およびアノード室に導入するように構成すていることが好ましい。すなわち、炭酸ガス改質を行う場合には、二酸化炭素ガス供給装置とは別に、停止ガス用のボンベ等(気体供給装置)を備える必要がない。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT