カーボンナノチューブ分散極性有機溶媒

開放特許情報番号
L2004003709
開放特許情報登録日
2004/3/12
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-397082
出願日 2003/11/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-154630
公開日 2005/6/16
登録番号 特許第4182214号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 カーボンナノチューブ分散極性有機溶媒
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポリマー系ナノコンポジットの製造、光散乱の低減を利用した光学機器材料製造等に有用なカーボンナノチューブ分散溶媒に適用する。
目的 特定の成分から構成されるカーボンナノチューブ分散溶媒を提供する。
効果 カーボンナノチューブが凝集せずに均一に分散できる溶媒が可能になる。
技術概要
 
カーボンナノチューブ、アミド系極性有機溶媒(例:N−メチルピロリドン)、非イオン性界面活性剤(例:脂肪酸のポリオキシエチレン・エーテル)、及びポリビニルピロリドンとからなる分散溶媒にする。非イオン性界面活性剤の添加量が0.005〜5%で、また、ポリビニルピロリドンの添加量が0.1〜10%であるのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT