3次元位置同定処理方法、3次元位置同定処理プログラムおよび3次元位置同定処理プログラムを記録した記録媒体

開放特許情報番号
L2004003699
開放特許情報登録日
2004/3/12
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-392581
出願日 2003/11/21
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-156250
公開日 2005/6/16
登録番号 特許第4154486号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 3次元位置同定処理方法、3次元位置同定処理プログラムおよび3次元位置同定処理プログラムを記録した記録媒体
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 超音波式3次元位置計測装置、コンピュータの処理、人間の日常活動を頑健に観察するシステム、超音波3次元タグ
目的 簡単な構成であっても十分な精度で物体の3次元位置を追跡できる超音波式3次元位置計測装置の提供。
効果 サンプリング周波数の低下の問題が解決され、複数物体に取付けられた発信器からの超音波を同時に受信し、得られた距離情報を用いて複数物体の3次元位置をリアルタイムに追跡できる位置推定装置が得られる。
技術概要
この技術は、各受信器が得た距離情報の数を調べて信号を発信した発信器の個数と同じ数の距離情報を持つものの中から3個の受信器を選択する第1ステップと、選択した3個の受信器の距離情報より行列の各行として1つの受信器が受信した順に距離情報を並べた距離行列を作成し、作成した距離行列の各行について要素を入れ替えることで第2の距離行列を作成する第2ステップと、第2の距離行列の各列の距離の組み合わせに対して同じ発信器からの距離情報として仮定して発信器の3次元位置を計算する第3ステップと、選択した3個の受信器以外の受信器の距離情報を用いて第3ステップで求めた3次元位置を評価する第4ステップと、3ステップから第4ステップまでの処理を繰り返し全ての組み合わせの評価値を得る制御を行う第5ステップと、第1ステップから第5ステップまでの処理を所定回数繰り返し行い、その中の最小の評価値を与えた3次元位置を3次元位置推定値として出力する第6ステップとからなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT