内燃機関用レーザー式多点着火装置

開放特許情報番号
L2004003689
開放特許情報登録日
2004/3/12
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-390280
出願日 2003/11/20
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-147109
公開日 2005/6/9
登録番号 特許第4257420号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 内燃機関用レーザー式多点着火装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却
適用製品 オットーサイクル、ディーゼルサイクル、シリンダ内の燃焼、燃焼制御、内燃機関、スパークプラグ、着火時期、インジェクタ、自己着火
目的 簡単な構成でガス燃料も含め、多種の燃料について多点着火を可能とし、振動の影響を受けにくく長期間安定して作動するとともに、着火性がよく且つ着火点数及び焦点位置の調整が容易な非接触多点着火による燃焼制御エンジンの提供。
効果 ビームスプリッタを用いることなくレーザー光束を一度に多数の光束に分割することができるとともに、その分割光束を直接、燃焼室内で焦点を結ばせるようにすることができ、部品点数を大幅に減少させることができ、内燃機関の振動により光軸のずれが生じにくく、振動の影響を受けにくい着火装置とすることができる。
技術概要
この技術では、内燃機関用多点着火装置は、内燃機関の燃焼室壁に取り付ける本体と、導入するレーザー光の光束を拡径するエキスパンダーレンズと、エキスパンダーレンズからのレーザー光束を所定の径に調節する集光レンズと、集光レンズからのレーザー光束を略平行光線にするコリメートレンズと、コリメートレンズからの光束を複数の光束に分割して各々燃焼室内で焦点を結ばせる複数のマイクロレンズを備えたマイクロレンズアレイと、燃焼室内と本体内とを分離するレーザー入射用窓とを備え、レーザー光の照射により燃焼室内の燃料に対して複数点で着火させるようにしたものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT