グリップテープ

開放特許情報番号
L2004001753
開放特許情報登録日
2004/2/6
最新更新日
2004/2/20

基本情報

出願番号 特願2001-371334
出願日 2001/12/5
出願人 岩田 嘉人、岩田 由美恵
公開番号 特開2003-126315
公開日 2003/5/7
発明の名称 グリップテープ
技術分野 その他
機能 その他
適用製品 テニスラケット、ゴルフクラブ、野球のバット、ホッケーのスティック等のスポーツ用具。
目的 スポーツ用具は高価であり、必要以上に複数揃えることは経済的に困難である。 また、複数のスポーツ用具を交換して使用する場合でも、競技者の感覚に適合するスポーツ用具の質量の調整は、困難である。 そこで、本発明のグリップテープは、スポーツ用具の合計質量を容易に調整可能な安全で安価なグリップテープを提供することを目的とする。
効果 @グリップテープに溝または窪みを作り、粒子の質量を変化させて固定することにより、同じ厚さのグリップテープのまま、グリップに巻くことで、スポーツ用具の合計質量を変化させることが可能となる。 A上記の同じ厚さのグリップテープにより、テニスラケット1本で、トップライト、イーブン、トップヘビーのラケットを作り出すことが可能となる。 Bグリップテープの全質量をグリップテープ表面に明示することにより、現在使用しているグリップテープの全質量を確認することが可能となる。
技術概要
 
フレキシブルな素材のテープ中に、所定の合計質量の粒子を分散させる。 粒子が分散された接着剤を塗布してもよい。 あるいは、テープに設けた溝または窪みに、所定の合計質量の粒子を埋め込み、接着剤で固定するか、テープのいずれかの表面に、所定の合計質量の粒子を、接着剤を使用したり、圧着することにより固定してもよい。これらのグリップテープの片面に、グリップに貼り付けるための粘着剤が、備えられる。粘着剤を片面に備えたフレキシブルな素材のテープであって、この粘着剤中に、所定の合計質量の粒子を分散させる。 上記の粒子を、長さ方向一端より他端へ、密度を段階的に変化させて分散させる。 グリップテープの総合計の質量を、グリップテープの表面に示す。
イメージ図
実施実績 【試作】  グリップテープに0.5〜1.0mmの粒子を.1cuあたり20個程度固定し、週一回の頻度で1年以上使用したが、粒子の脱落はなかった。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 岩田 嘉人

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT