パルス光制御方法及びその装置

開放特許情報番号
L2004001631
開放特許情報登録日
2004/2/6
最新更新日
2015/10/2

基本情報

出願番号 特願2002-042715
出願日 2002/2/20
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2003-241244
公開日 2003/8/27
登録番号 特許第3946536号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 パルス光制御方法及びその装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 超短パルス光源、光ファイバ
目的 パルス捕捉を用いて、被制御パルス光の波長や時間波形、および出力時間を制御することができるパルス光制御方法及びその装置の提供。
効果 制御パルス光によって直交偏光の被制御パルス光の波長、時間波形、出力時間を制御することができる。波長の異なる制御パルス光と被制御パルス光を常に重なって出力することができる。パルス光によってパルス光を制御することができる。
技術概要
この技術では、制御パルス光と被制御パルス光を時間差を調整して光ファイバに入力する。すると、光ファイバにおいて、制御パルス光によって偏光が直交した被制御パルス光が捕捉される現象が現れ、被制御パルス光を制御することができる。また、被制御パルス光の波長が制御パルス光のラマン利得帯域内にあるとき、光ファイバにおける伝搬に伴って、被制御パルス光は制御パルス光によって増幅されていくようにする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT