光波位相同期レーザー装置

開放特許情報番号
L2004000649 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/1/23
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2002-137370
出願日 2002/5/13
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-332658
公開日 2003/11/21
登録番号 特許第3837504号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光波位相同期レーザー装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 通信、医療、科学技術分野において超短パルス光源として広く用いられるフェムト秒パルスレーザー発生装置の同期制御装置。
目的 パルスレーザーを高い精度で、高安定に同期することができる光波位相同期レーザー装置の提供。
効果 レーザー共振器より光波位相が同期された異なる波長のパルスが発振すると従来技術よりも高安定に長時間パルスタイミングを同期することができ、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
受動的にパルスタイミングが同期されているレーザー装置において、レーザーのパルス内光波位相のずれを検出して同期をとることを特徴とする光波位相同期レーザー装置。尚、前記装置は、レーザーのパルス内光波位相のずれを検出した信号に基づいて共振器長を変化させ、同じレーザー媒質を透過する複数の異なる光周波数をもつパルスレーザーの繰り返し周波数の引き込み動作を行わせるパルスレーザーの時間同期装置10を備え、前記パルスレーザーの時間同期装置10からのそれぞれのパルスレーザーにおけるパルス内光波位相の前記ずれを検出して前記パルスレーザー間の同期をとる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT