カテコールアミンの定量方法

開放特許情報番号
L2004000637 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/1/23
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2002-133253
出願日 2002/5/8
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-329664
公開日 2003/11/19
登録番号 特許第3743798号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 カテコールアミンの定量方法
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 リンパ液、血液、尿や、それらから抽出・濃縮されたカテコールアミンの定量に適用する。
目的 特定の化合物等を含む錯体水溶液中で蛍光強度を測定することにより、カテコールアミンを定量する方法を提供する。
効果 簡単な操作で、高感度かつ迅速に、しかも精度よく安価に定量が可能になる。
技術概要
Tb(V)−アミン−N−ポリカルボン酸類錯体と光受容配位子との三元錯体を含む水溶液に、カテコールアミンを含む試料を加え、且つPHを1〜13とした水溶液を調製した後、励起光により黄緑色蛍光を発生させ、この蛍光強度の減衰度に基づいて試料中のカテコールアミンの濃度を測定する。アミン−N−ポリカルボン酸類としてエチレンジアミン四酢酸、イミノ二酢酸、ニトリロ三酢酸等が用いられ、また、光受容配位子として2−ヒドロキシ−5−スルホ安息香酸、1、2−ジヒドロキシベンゼン−3、5−ジスルホン酸等が用いられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT