ダイヤモンド複合自己潤滑性摩擦材料

開放特許情報番号
L2004000616
開放特許情報登録日
2004/1/23
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2002-118225
出願日 2002/4/19
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-313576
公開日 2003/11/6
登録番号 特許第4002966号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ダイヤモンド複合自己潤滑性摩擦材料
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 機械、可動構造物の摺動部分に使用される摩擦材料に適用する。
目的 特定の樹脂中に特定の粒径を有する特定のダイヤモンドを特定量配合してなる摩擦材料を提供する。
効果 安価なダイヤモンド粉末を用いたにもかかわらず、従来の高価なダイヤモンドの粉末を用いた場合と同等の摩擦・摩耗特性を有し、更に、水中においても同様の特性を示すので、従って、油圧機械からの環境汚染がなく、安全性の高い水圧機械への転換にも寄与できる。
技術概要
 
ポリテトラフルオロエチレンとポリイミドとの混合樹脂中に、粒径20μm以下の爆発合成ダイヤモンド微粉末及び/または超高圧合成ダイヤモンド微粉末を、材料全体に対して1〜30容量%の割合で分散させた構造を有するダイヤモンド複合自己潤滑性摩擦材料とする。ポリテトラフルオロエチレンの割合が、混合樹脂中5〜30容量%であり、ダイヤモンド微粉末の粒径が8μm以下でその割合が3〜15容量%とするのが好ましい。尚、ポリテトラフルオロエチレンとポリイミドとの混合樹脂微粉末とダイヤモンド微粉末とを混合する工程と、得られた混合粉を所定形状に成形した後放電プラズマ焼結する焼結工程とを経ることにより製造される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT