多周波アンテナ

開放特許情報番号
L2004000326 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/1/16
最新更新日
2004/1/30

基本情報

出願番号 特願平10-013704
出願日 1998/1/27
出願人 株式会社東芝
公開番号 特開平11-214917
公開日 1999/8/6
登録番号 特許第3340374号
特許権者 株式会社東芝
発明の名称 多周波アンテナ
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 無線端末の内蔵アンテナ
目的 単周波数の平面アンテナに比べて、実装面積、実装体積の増大を必要としない多周波アンテナを提供する。
効果 本発明によれば、一般的に用いられている単周波平面アンテナに比べて、実装面積、実装体積を共に増大することなく、小型、薄型の多周波アンテナを容易に実現することが可能となる。
技術概要
接地板上には、予め定めた距離を隔てて導体板が配置され、接地板と導体板を接続するための短絡板、導体板に給電するための給電線及び接地板と導体板との間隙を充填する誘電体が設けられる。そして、導体板上に高次モードの共振周波数を制御する手段としての切欠き部が配置される。この構成により、導体板はL1の長さが約λ1g/4となる周波数f1と、L3の長さが約3λ3g/4となる周波数f3で共振する多周波アンテナが実現できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社東芝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT