光電変換素子及びそれを用いた色素増感型太陽電池

開放特許情報番号
L2004000098
開放特許情報登録日
2004/1/9
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-371525
出願日 2003/10/31
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-135782
公開日 2005/5/26
登録番号 特許第4370398号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光電変換素子及びそれを用いた色素増感型太陽電池
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 高い開放電圧を有する電解質溶液、太陽光発電、単結晶シリコン、多結晶シリコン、アモルファスシリコン、テルル化カドミウム、セレン化インジウム銅
目的 電極から電荷輸送材料へ、光の照射とは関係なく流れる逆電流を防止しつつ、取り出し電圧が十分に得られる色素増感半導体型光電変換素子及びこれを用いた太陽電池の提供。
効果 キノリン系化合物を含有する電解質溶液を用いることにより、非常に高い開放電圧を示す光電変換素子を得ることができ、光電変換効率の高い太陽電池を提供することができる。
技術概要
 
この技術は、表面に色素を有する半導体層電極、対電極、電解質溶液からなる色素増感型光電変換素子であって、キノリン系化合物からなる電解質溶液を用いることにより、高い開放電圧、及び高い光電変換効率を発現する色素増感型光電変換素子を得ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT