物質細胞挿入の力学解析方法

開放特許情報番号
L2004000043
開放特許情報登録日
2004/1/9
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-350243
出願日 2003/10/9
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-052134
公開日 2005/3/3
登録番号 特許第4370397号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 物質細胞挿入の力学解析方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 遺伝子、タンパク質などを固定化した挿入物を挿入した細胞
目的 挿入物を細胞に挿入する時に、挿入物にかかる力を測定し、細胞と挿入物との位置関係を検出しながら挿入する。
効果 挿入物と細胞との関係を細かく知ることが出来、細胞への侵襲性を抑制しながら、細胞内に異物である挿入物を挿入する事が可能となる。
技術概要
原子間力顕微鏡又は分子間力顕微鏡のカンチレバー先端のプローブ上に、挿入物を固定し、カンチレバーの撓みを検知して細胞に挿入する時の挿入物にかかる力を測定する。細胞は、酵母、バクテリア、真菌などの微生物、植物細胞、動物細胞(例えば、ヒト、ウシ、ブタ、サル)などで、針状の挿入物の先端形状を円筒形にし、測定値をHertzモデルによって解析するのが好ましい。挿入物の材質には、例えばカーボンナノチューブ、シリコン、シリコン結晶、チタン、ジルコニウムなどの金属結晶、ガラスなどを用い、長さを1〜100μm、直径を10nm〜10μmとし、カンチレバーなどの支持体への固定は、塗布、圧着、融着、支持体上にCVD法などで形成させて、細胞への挿入を例えばピエゾ素子を用いて測定するのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT