リチウム二次電池用正極材料

開放特許情報番号
L2004000029
開放特許情報登録日
2004/1/9
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-347301
出願日 2003/10/6
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-116273
公開日 2005/4/28
登録番号 特許第4224583号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 リチウム二次電池用正極材料
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 正極材料、ノートパソコン、携帯電話、モバイル機器、コバルト酸リチウム、リチウム含有遷移金属酸化物、正極活物質、負極材料、炭素材料、電解質、有機電解液
目的 容量の劣化が抑制され、充放電サイクル特性に優れたリチウム二次電池用の正極材料の提供。
効果 導電材を正極活物質の表面に簡便かつ強固に付着させることができる。その結果、容量の劣化が抑制され、充放電特性に優れたリチウム二次電池の正極材料を得ることができる。その理由は定かではないが、導電材が活物質に付着や加熱による導電材の粒径増大などによる、正極の電子伝導性増大や導電材−固体電解質反応面積の低下などが考えられる。
技術概要
この技術は、相互に接触した正極活物質及び導電材に電流を供給することにより、優れた電池特性を有するリチウム二次電池用の正極材料が得られることに基づく。すなわち、リチウム二次電池用正極材料を製造する方法であって、(1)リチウム二次電池用正極活物質と導電材とを加圧下に接触させる工程、(2)接触させた正極活物質及び導電材にパルス電流を供給し、正極活物質材料の表面に導電材を付着させる工程を含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT