エチレン系不飽和カルボン酸又はそのエステルの異性化物の製造方法

開放特許情報番号
L2003009822
開放特許情報登録日
2003/12/19
最新更新日
2015/9/9

基本情報

出願番号 特願2003-313916
出願日 2003/9/5
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-082505
公開日 2005/3/31
登録番号 特許第4304331号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 エチレン系不飽和カルボン酸又はそのエステルの異性化物の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 エチレン系不飽和カルボン酸又はそのエステルの異性化物の製造に適用する。
目的 特定条件の反応媒体を用いてエチレン系不飽和カルボン酸又はそのエステルの異性化物を製造する方法を提供する。
効果 触媒、有機溶媒を使用することなく、一段のプロセスで、しかも短時間で目的物を製造することが可能になり、更に製造工程中に廃物、廃水等をほとんど発生しない効果を奏する。
技術概要
高温高圧状態の反応媒体中で、無触媒で、エチレン系不飽和カルボン酸又はそのエステルを反応させることにより、二重結合の移動及び立体異性体の選択的合成を行いその異性化物を製造する。反応は、高温熱水、亜臨界状態ないし超臨界状態の水、二酸化炭素を反応媒体とし、温度100〜500℃、圧力0.1〜50MPaで行うのが好ましい。例えば、高温高圧水条件下、無触媒により、流通式反応器12を利用して、ビニル酢酸からクロトン酸を連続的に製造できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT