チオエーテル化合物の分解方法

開放特許情報番号
L2003008583
開放特許情報登録日
2003/11/21
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願2002-083854
出願日 2002/3/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-277344
公開日 2003/10/2
登録番号 特許第3878990号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 有機スルホン酸の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 チオエーテル結合の解裂により生成する有機酸、硫酸、スルホン酸
目的 チオエーテル化合物に特定の光増感剤を添加して光を照射し、チオエーテル結合を解裂させて、元のチオエーテル化合物に戻すことなく分解させる。
効果 チオエーテル化合物のチオエーテル結合を解裂して酸化することで、還元されて元のチオエーテル化合物に戻る事なく、簡便に分解出来る効果がある。
技術概要
 
2個の炭素原子が1個の硫黄原子を介して結合した化学構造を有する化合物である、ジメチルチオエーテル等のジアルキルチオエーテル、テトラヒドロチオフェン等の環状チオエーテルなどのチオエーテル化合物を、光と酸素の存在下で酸化反応を促進する、例えばリボフラビンやフラビンアデニンジヌクレオチド等のフラビン色素、クロロフィル等のポルフィリン色素アントラキノン色素、鉄イオン、銅イオンなどの光酸化助剤を光増感剤として添加して、好ましくは水溶液、アルコール類などとの水混和性有機溶剤の溶液とし、これに太陽光、蛍光灯などの光酸化助剤の吸収波長を含む光を照射してチオエーテル結合を解裂させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT