マイクロリアクター及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003008562
開放特許情報登録日
2003/11/21
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願2002-067023
出願日 2002/3/12
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-260351
公開日 2003/9/16
登録番号 特許第4352119号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 マイクロリアクターの製造方法及びその方法によって得られるマイクロリアクター
技術分野 無機材料、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 触媒作用を有し、微量分析、微量合成、微量微生物培養、微量電気泳動、微量電気浸透等の化学的・電気的または機械的操作を簡便化する。
目的 触媒効率を改善し、使用量の減少や再利用を図ることができる新規なマイクロリアクター及びその製造方法の提供。
効果 普通サイズのリアクターに比べ、体積当りの表面積の比率が大きく、流体化学反応の制御性が向上し、反応生成物の収率、純度を改善でき、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
ガラス、石英またはシリカ系セラミックスの表面にマイクロチャネル2を刻設し、次いでそのマイクロチャネル2の壁面にアミノ基含有ケイ素化合物残基を導入し、それを介して、アミラーゼ、プロテアーゼ等の酵素分子を結合させるか、または、チタン、パラジウム等の金属の触媒能をもつ有機金属錯体分子を結合させることにより、マイクロリアクターを得る。尚、マイクロチャネル2の幅が10〜500μmであり、また、その深さが50〜400μmである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT