ビナフチルシロキサン系ポリマーおよびその製造方法

開放特許情報番号
L2003008556
開放特許情報登録日
2003/11/21
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願2002-063282
出願日 2002/3/8
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-261680
公開日 2003/9/19
登録番号 特許第3673856号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ビナフチルシロキサン系ポリマーおよびその製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 良好な熱安定性を有し、光学活性な不斉化合物を検出するためのセンサー、耐熱性材料等として広い分野で利用される。
目的 ビナフチル骨格、ポリシロキサン骨格、及びエチレン性二重結合を有する新規なポリマーの提供。
効果 簡便に製造でき、溶媒に対する溶解性や成形・加工性に優れ、耐熱性材料等に好適であり、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
式(U−1)[X1は式(R↑1はアルキル、アラルキル)で表される1,1↑,−ビナフチル−6,6↑,−ジイル]で表されるジイン化合物と、式(V)(mは1〜1000;Meはメチル)で表されるH末端ポリシロキサン類とを、白金触媒及び/またはロジウム触媒の存在下で反応させることにより、式(T−1)[A1、A1↑,は−CH=CH−(ビニレン基)、>C=CH↓2(ビニリデン基);n1は2〜50000]で表されるポリマーを製造する。尚、前記ポリマーを含む耐熱性材料を調製する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT