柄付き編地およびその編成方法

開放特許情報番号
L2003008520
開放特許情報登録日
2003/11/14
最新更新日
2006/8/11

基本情報

出願番号 特願2001-184363
出願日 2001/6/19
出願人 和歌山県
公開番号 特開2002-302853
公開日 2002/10/18
登録番号 特許第3706816号
特許権者 和歌山県
発明の名称 柄付き編地およびその編成方法
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 柄付き編地
目的 簡素な構成により、平易な柄から特異な柄に至るまで容易に形成できる柄付き編地およびその編成方法を提供する。
効果 給糸張力を変動させることにより多様なバリエーションの柄付き編地を得る。
技術概要
柄付き編地は、図に示すように、編機1の糸ガイド5から網針3に供給する編糸Yにかける給糸張力を変動させて得られるループ長の異なる部分からなる柄を有するものである。その編成方法は、張力変動装置30の備える張力付与機構7の可動側及び固定側櫛状ロッド8、9によって、編成中に編糸Yの給糸張力を変動させることにより、ループ長の異なる部分からなる柄を編地に形成するものである。また、同じコース内の編糸Yについて給糸張力を変動させるようにしてもよい。複数種類の編糸Yを用いた編成では、それぞれの糸のループ長を変化させ、それぞれの編糸Yが編地表面に現れる割合の異なる部分からなる柄を形成する。更に、モータ10にステッピングモータ等を用いて多段階又は無段階の制御を行うことにより、柄模様の濃度及び色調に階調を付与することができる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 密度変化により粗密感や凹凸のある新規な柄を得る。
改善効果2 ループ長の異なる部分からなる柄を編地に形成する。
改善効果3 柄のコントラストを顕著にできる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT