多孔性物質とその製造方法

開放特許情報番号
L2003008374
開放特許情報登録日
2003/10/31
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願2003-303078
出願日 2003/8/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-067983
公開日 2005/3/17
登録番号 特許第4231921号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 多孔性物質とその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、触媒、選択性分離、選択的反応、センサー等として広い分野で利用される。
目的 大きな表面積を持ち腐食性雰囲気下等でも安定な多孔性金属フッ化物を合成するために好適に使用される原料組成物の提供。
効果 優れたフッ素化触媒能を有し、ハロゲン化合物とフッ化水素を反応させてフルオロ化合物を製造する際の触媒として利用すると、高収率でフルオロ化合物を合成でき、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
 
二酸化ケイ素、ケイフッ化水素酸、正ケイ酸、メタケイ酸等の含ケイ素化合物を、クロム、コバルト、アルミニウム、カルシウム等の金属塩に導入した後、フッ化水素処理をすることにより、多孔性金属フッ化物を製造する。尚、金属塩にケイ素化合物を含有させてなる多孔性金属フッ化物合成用原料組成物を調製し、また、多孔性金属フッ化物が90〜200m↑2/gの表面積を有する多孔性フッ化クロムであり、また、多孔性金属フッ化物を含むフッ素化触媒を製造し、また、このフッ素化触媒の存在下、ジクロロメタン等のハロゲン化合物とフッ化水素を反応させて、フルオロ化合物を製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT