有機硫化合物の製造方法

開放特許情報番号
L2003008363
開放特許情報登録日
2003/10/31
最新更新日
2015/9/7

基本情報

出願番号 特願2003-301980
出願日 2003/8/26
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-068096
公開日 2005/3/17
登録番号 特許第3951024号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 有機硫黄化合物の製造方法
技術分野 有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、医薬品・天然化合物の合成、精密化学品の合成等の分野で広く利用される。
目的 チオール類のアセチレンへの付加反応により目的とするアルケニル硫化合物を高収率で安価に製造し得る方法の提供。
効果 穏和な条件下、簡便、安全、かつ効率的に合成することができ、その利用価値は極めて大きい。
技術概要
 
ゼロ価ニッケルを含んでなる触媒を用い、式(1):R↑1C≡CR↑2[R↑1、R↑2はH、(シクロ)アルキル、(ヘテロ)アリール等]で表されるアセチレン化合物に、式(2):HSR↑3[R↑3は(シクロ)アルキル、アラルキル、アリール]で表されるチオールを反応させることにより、式(3):R↑1CH=CR↑2(SR↑3)及び/または式(4):R↑1CH=CR↑2(R↑1CH=CR↑2SR↑3)で表される有機硫化合物を製造する。尚、反応を、式(5):HO−P(O)(R↑4)↓2[R↑4は(シクロ)アルキル、アリール]で表されるホスフィン酸の存在下に行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT