カーボンナノチューブの付着方法および付着装置

開放特許情報番号
L2003008327
開放特許情報登録日
2003/10/31
最新更新日
2015/9/7

基本情報

出願番号 特願2003-292817
出願日 2003/8/13
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-059148
公開日 2005/3/10
登録番号 特許第4332624号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 カーボンナノチューブの付着方法および付着装置
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 操作型プローブ顕微鏡、ハンドリング機器
目的 カーボンナノチューブの付着方法および付着装置の提供。
効果 電場(電気力線)を利用することにより、バルク状カーボンナノチューブを個々に分離できるだけでなく、分離したカーボンナノチューブを電気力線に垂直、言い換えると、電極上に垂直に立てた状態にすることができるため、その後のカーボンナノチューブ操作のハンドリングを非常に楽にすることができる。
技術概要
この技術では、金属プローブ(基材となる)とバルク状カーボンナノチューブを対向させてそれぞれ電極となし、電極間に外部電源装置により静電場もしくは変動電場である電場を誘起すると、電力線に沿ってカーボンナノチューブは対向する電極である金属プローブに移動し、金属プローブ上では金属プローブに対して垂直に付着する。この場合に、外部電源装置としては高周波パルスを発生することのできる高圧電源装置を用い、サイン波、矩形波などの発生パルスを増幅器で増幅して使用する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT