ラクタムの製造法

開放特許情報番号
L2003008145
開放特許情報登録日
2003/10/17
最新更新日
2015/9/7

基本情報

出願番号 特願2002-316889
出願日 2002/10/30
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-201277
公開日 2003/7/18
登録番号 特許第4195929号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ラクタムの製造法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 ラクタム
目的 高濃度のオキシムを溶解した有機溶媒(混合水溶液)を、250℃以上、15MPa以上の高温高圧水に導入して連続的にラクタムを得る。
効果 濃硫酸を触媒とする方法での多量の廃硫酸の中和処理を必要とせず、装置材料の腐食、製造工程における危険性が無く、副生物の硫酸アンモニウムの処理を必要としない効果が見られる。
技術概要
化1(R↓1はH、炭素数1〜20のメチルなどのアルキル、n=1〜9)で示されるシクロヘキサノン等のオキシムを、アセトニトリル、ジメチルスルホキシド等の有機溶媒(混合水溶液)に、好ましくは1mM〜10M溶解した基質溶液を高温高圧のキャリヤー流体に混合させて好ましくは0.001〜60秒の短時間で反応させてラクタムを得る。キャリヤー流体は、好ましくは溶存酸素を除去した蒸留水、イオン交換水などを、好ましくは設定反応温度より5〜400℃高い、例えば250℃以上で圧力15MPa以上とした高温高圧水で、これに所望により硫酸、酢酸等の酸を、好ましくは0.001mM〜10M添加させてキャリヤー水とし、これの流速を1として基質溶液を好ましくは0.0001〜1、線速度としては10↑−3〜10↑3m/secとして混合させて、化2(R↓1はH、炭素数1〜20のメチル等のアルキル、n=1〜9)で示されるε−カプロラクタムなどを得る。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT