機能性吸着剤及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003008142
開放特許情報登録日
2003/10/17
最新更新日
2015/9/7

基本情報

出願番号 特願2002-284574
出願日 2002/9/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-199810
公開日 2003/7/15
登録番号 特許第3837517号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 機能性吸着剤及びその製造方法
技術分野 土木・建築、無機材料、生活・文化
機能 材料・素材の製造、表面処理、環境・リサイクル対策
適用製品 悪臭、空気中の有害物質を吸着・分解・無害化する環境浄化製品
目的 特定のチタニア粒子の表面を、光に不活性なセラミックスで部分的に被覆した被覆粒子を、多孔質材料に担持させて目的の吸着剤を得る。
効果 担体の多孔質材料を分解せず、繰り返しの使用が出来、高耐久性、経済性、安全性に優れた効果を示す。
技術概要
 
チタンと酸素とが化学量論比または不定比であり、結晶形がアナターゼやブルッカイトであるチタニアを、例えばエトキシシランを無水エタノールで希釈し、これに水とポリエチレングリコールを添加した後硝酸を加えたゾル液に超音波などで分散させ、噴霧乾燥・焼成するなどして、その表面をアルミナ、シリカなどの光に不活性なセラミックスで好ましくは島状または穴のあいたように部分的に被覆し、チタニアを部分的に露出させて、被覆チタニア粒子とする。所望により、チタニアの表面には白金、ロジウムなどの金属を担持させる事ができる。この被覆粒子を、例えば水などの溶媒に分散してから多孔質材料に吹き付けるなどでその材料の表面にコートし、乾燥させて吸着剤とする。多孔質材料としては、活性炭、発砲プラスチックスなどで、繊維製品、プラスチックス製品などの環境浄化製品とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT