気相OHラジカル反応の反応速度を測定する方法

開放特許情報番号
L2003008133
開放特許情報登録日
2003/10/17
最新更新日
2015/9/7

基本情報

出願番号 特願2002-042086
出願日 2002/2/19
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-240767
公開日 2003/8/27
登録番号 特許第3837492号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 気相OHラジカル反応の反応速度を測定する方法
技術分野 有機材料、無機材料
機能 検査・検出、環境・リサイクル対策
適用製品 化学物質の減少率を、一連の操作で簡易に測定することができ、化学物質の環境への影響を評価し、環境の保全を図る。
目的 測定対象化学物質と気相OHラジカルとの反応速度を、効率よく高精度に測定する方法の提供。
効果 従来方法に比較して、化学物質の減少率を一連の操作で格段に大きくし、気相OHラジカル反応の反応速度を精度よく、かつ簡単に測定することができる。
技術概要
反応装置1内に、炭化水素、ハロゲン化炭化水素等の測定対象物質と参照物質を導入し、光照射開始後に、オゾン、過酸化水素、亜硝酸からなる群から選択されたOHラジカル発生源となる物質を供給しながら測定対象物質及び参照物質をOHラジカルと反応させ、測定対象物質と参照物質の減少率を測定することにより、気相OHラジカルの反応速度を測定する。尚、反応装置1内に測定対象物質及び参照物質と共に水を導入しておき、また、反応装置1内に予めOHラジカル発生源を導入しておくか、またはOHラジカル発生源となる物質を連続的にまたは断続的に供給する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT