車両搭載用クレーンのアウトリガ装置

開放特許情報番号
L2003008009
開放特許情報登録日
2003/10/10
最新更新日
2003/10/10

基本情報

出願番号 特願2001-077835
出願日 2001/3/19
出願人 古河機械金属株式会社
公開番号 特開2002-274783
公開日 2002/9/25
発明の名称 車両搭載用クレーンのアウトリガ装置
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 車両搭載用クレーンのアウトリガ装置
目的 トラックの補機類や燃料タンクと縦アウトリガとが干渉せず、トラックに架装搭載するとき補機類や燃料タンクの移設が不要で、気体燃料を使用するトラックにも容易に架装搭載することのできる車両搭載用クレーンのアウトリガ装置の提供。
効果 トラックの補機類や燃料タンクと縦アウトリガとが干渉せず、トラックに架装搭載するとき補機類や燃料タンクの移設が不要で、気体燃料を使用するトラックにも容易に架装搭載することができる。
技術概要
この技術では、縦アウトリガの格納手段によって、格納時に地上最低高さがトラックのシャーシフレームの上面の高さ以上となるよう上方に格納される。トラックでは、シャーシフレーム上に荷台を設置するため、補機類や燃料タンクは、シャーシフレームの上面より上には突出しないよう、シャーシフレームの側面に取り付けられているので、格納時の地上最低高さがトラックのシャーシフレームの上面の高さ以上となるよう格納されれば、補機類や燃料タンクと縦アウトリガとの干渉が生じることはない。トラックに架装搭載するとき補機類や燃料タンクの移設は不要であり、気体燃料を使用するトラックにも容易に架装搭載することができる。縦アウトリガの格納手段として、縦アウトリガを上方の格納位置へ回転移動させる回転機構を備えたものを用いると、格納時に縦アウトリガを上方へ回転移動させることで、地上最低高さがトラックのシャーシフレームの上面の高さ以上となるように格納することができる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT