アウトリガのローラ支持装置

開放特許情報番号
L2003007947
開放特許情報登録日
2003/10/10
最新更新日
2008/10/17

基本情報

出願番号 特願平11-322938
出願日 1999/11/12
出願人 古河機械金属株式会社
公開番号 特開2001-138877
公開日 2001/5/22
登録番号 特許第4107405号
特許権者 古河機械金属株式会社
発明の名称 アウトリガのローラ支持装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 クレーン車
目的 インナーボックスがアウターボックスに対して傾かないようにするアウトリガのローラ支持装置の提供。
効果 インナーボックスが傾斜してアウターボックスとインナーボックスとが接触したままの状態で張出し、あるいは格納が行われることはなく、張出し、あるいは格納に要する操作力は小さくなるので、円滑な操作が可能であり、磨耗を生じるおそれもない。
技術概要
アウターボックス内にインナーボックスを抜差自在に嵌挿し、インナーボックスの先端部に縦アウトリガボックスを設けたアウトリガにおいて、この技術では、アウターボックスの下面に設けたローラブラケット内に、インナーボックスの下面を支持する一対のローラを有するローラ軸をこのローラブラケットの立板に形成した上下に長いローラ軸案内孔に挿通し、ローラ軸に調整ねじ部を有する調整部材を設け、ローラブラケットの底板に上向きに取付けられる調整ボルトの先端ねじ部と調整部材の調整ねじ部とを螺合連結してローラ軸を上下方向に調整できるように構成する。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT