発光性渦鞭毛藻(虫)類から発光基質の精製法

開放特許情報番号
L2003007493
開放特許情報登録日
2003/10/3
最新更新日
2015/9/4

基本情報

出願番号 特願2003-281330
出願日 2003/7/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-049213
公開日 2005/2/24
登録番号 特許第4362580号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 発光性渦鞭毛藻(虫)類から発光基質の精製法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 哺乳類の遺伝子発現を検出するレポータ遺伝子
目的 発光性藻類由来の発光基質を精製する方法および保存方法を提供する。
効果 本技術の精製品は従来の発光基質と比べ、短時間に、且つ容易に精製され、且つその精製品の安定性が高いので、細胞内で発現した発光性渦鞭毛藻発光酵素の遺伝子転写活性のわずかな変化もモニターすることが可能となり、安定な発光測定条件で利用できる。
技術概要
この技術では、渦鞭毛藻(湿重量300mg)を5mM DTTを含有する100mM燐酸緩衝液(5ml/pH8.5)で懸濁したのち、4度以下で窒素ガス(2000psi)を用いて細胞を破壊し、得られた抽出液を氷上で冷やし、2倍量のエタノールを加え、10分間遠心し(10min,22,000g)、得られた上清を濃縮する。残渣を2mM燐酸緩衝液(pH8.5)で溶解し、HPLCカラム(ODS−SR−5,4.6mm x250mm,Nomura)に導入し、渦鞭毛藻ルシフェリンを水・エタノールの直線濃度勾配で溶出(収率は0.005%)する。得られたルシフェリン溶液の中に5mMジチオスレイトールを加え、−80℃で保存する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT