耐水耐熱防汚性コーティング部材及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003007476
開放特許情報登録日
2003/10/3
最新更新日
2015/9/4

基本情報

出願番号 特願2003-275232
出願日 2003/7/16
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-036355
公開日 2005/2/10
登録番号 特許第4009723号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 耐水耐熱防汚性コーティング部材及びその製造方法
技術分野 繊維・紙
機能 材料・素材の製造
適用製品 紙、木材、竹、有機繊維、プラスチックス、有機素材からなる有機基材
目的 安価で、製造プロセスがエネルギー低消費型であり、使用後の廃棄物を処理する際に有害な物質が発生せず、防汚効果を長期間持続できる、耐水耐熱防汚性に優れた耐水耐熱防汚性コーティング部材、及びその製造方法等の提供。
効果 耐熱性及び強度のない有機基材を原料として、優れた耐水耐熱防汚性及び強度を有する新規部材を作製し、提供することができる。
技術概要
 
この技術では、和紙でできた襖の表面に、0.001重量%のケイ酸ナトリウム水溶液をスプレーした後、赤外線ランプで乾燥し、これを3回繰り返す。その後、その上に10重量%のケイ酸エチルのエタノール溶液をまんべんなく塗り、これを空気中の水分によって加水分解させる。得られた耐水耐熱防汚性コーティング部材の表面にライターの火を近づけて耐熱性を調べた結果、着火しないことが分かった。また、表面に水を垂らして耐水性を調べた結果、水に溶解しないことが分かった。更に、防汚性を調べるために、ボールペンで表面に字を書いた後、消しゴムで消したところ、簡単に消すことができた。それに加えて、耐水耐熱防汚性コーティングにより襖の強度が増し、木材と同等の強度が得られることが分かった。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT