光電変換素子及びそれを用いた色素増感型太陽電池

開放特許情報番号
L2003007474
開放特許情報登録日
2003/10/3
最新更新日
2015/9/4

基本情報

出願番号 特願2003-274628
出願日 2003/7/15
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-038711
公開日 2005/2/10
登録番号 特許第4264507号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光電変換素子及びそれを用いた色素増感型太陽電池
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 酸化還元系電解質、太陽光発電に使用する太陽電池
目的 高光電変換機能を有する電解質溶液およびそれを用いた光電変換素子の提供。
効果 非常に高い開放電圧、フィルファクター、及び光電変換効率を示す色素増感型光電変換素子を得ることができ、効率の良い色素増感型太陽電池を提供することができる。
技術概要
この技術では、電解質溶液として溶媒がアセトニトリルでヨウ化リチウム0.1mol/l、ヨウ素0.05mol/l、ヨウ化ジメチルプロピルイミダゾリウム0.62mol/l、3−アミノ−1H−1,2,4−トリアゾール0.5mol/lを溶解したものを用い、(式)で表わされる増感色素を担持した導電性ガラス付き多孔質酸化チタン半導体薄膜(厚さ15μm)に滴下する。ここにポリエチレンフィルム製のフレーム型スペーサー(厚さ25μm)をのせ、白金対電極でこれを覆い、光電変換素子を構成する。得られた光電変換素子に、Xeランプを光源として強度100mW/cm↑2の光を照射したところ、開放電圧は0.78V、フィルファクターは0.68、光電変換効率は7.5%であった。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT