鼻呼吸サポーター

開放特許情報番号
L2003006985
開放特許情報登録日
2003/9/19
最新更新日
2003/9/19

基本情報

出願番号 特願2001-105634
出願日 2001/4/4
出願人 株式会社キートロン
公開番号 特開2002-301153
公開日 2002/10/15
発明の名称 呼吸補助具
技術分野 その他
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 呼吸補助具
目的 鼻孔を物理的に拡開すると共に、鼻中隔を圧迫刺激し、鼻の運動中枢に働きかけて鼻孔を拡開させる作用を有し、さらに、装着時の違和感が少なく、長期間の繰り返し使用でも装着状態が緩んで来る等のことがない、呼吸補助具を提供する。
効果 左右の鼻孔中に縮めた拡張部材を押し込むだけで簡単に装着でき、鼻孔を拡大し、呼吸を援助することができる。
技術概要
本発明の呼吸補助具は、柔らかな連結部材2の両端に拡張部材3a、3bを設けた構造であり、2個の拡張部材のそれぞれは、湾曲に対して反発弾性を有する基板の両端に鼻中隔押圧部5aと鼻翼押圧部5bを有しており、これらの拡張部材を連結部材2の両端に鼻中隔押圧部5aを内側に対向させ、鼻翼押圧部5bを両外側として配置し、拡張部材の大きさを、湾曲すると人間の鼻孔内へ外から装着可能なものとしてあることを特徴とする。2個の拡張部材のそれぞれは、湾曲に対して反発弾性を有する基板の両端に永久磁石8a、8bを、一方の〔(NS)(SN)〕の配置に対して他方を〔(SN)(NS)〕の配置として各拡張部材の磁石どおしは反発するが、拡張部材の端部どおしは引き合う関係に固定してあり、拡張部材の大きさを、湾曲すると人間の鼻孔内へ外から装着可能なものとしてある。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 左右の鼻孔中に縮めた拡張部材を押し込むだけで簡単に装着でき、鼻孔を拡大し、呼吸を援助することができる。
改善効果2 装着状態の維持は、拡張部材あるいはこれに加えた永久磁石の磁力によるので、反発力の減退による作用の減退あるいは装着状態の劣化が殆ど生じない。
改善効果3 連結部材や基板は保形性を有すればよく、柔らかく作れるので、使用に違和感がすくない。

登録者情報

登録者名称 株式会社キートロン

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT