高活性グリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼ及び高活性グリセロールデヒドロゲナーゼ

開放特許情報番号
L2003006553
開放特許情報登録日
2003/8/22
最新更新日
2015/9/4

基本情報

出願番号 特願2003-179079
出願日 2003/6/24
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-013028
公開日 2005/1/20
登録番号 特許第4182206号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 高活性グリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼ及び高活性グリセロールデヒドロゲナーゼ
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 グリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼ、グリセロールデヒドロゲナーゼ
目的 高活性を有するグリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼ及びグリセロールデヒドロゲナーゼ並びにこれらの製造方法の提供。
効果 高活性を有するグリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼ及びグリセロールデヒドロゲナーゼ並びにこれらの製造方法が提供できる。
技術概要
 
この技術では、好熱性古細菌アエロパイラムペルニクス(Aeropyrum pernix)のグリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼを構成する370アミノ酸残基のうち活性中心領域の一部であるN末端から144番目のアスパラギン酸をアスパラギンに変換することよりグリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼの活性を増大する。また、このアスパラギン酸をアラニンに変換することによりグリセロール−1−リン酸デヒドロゲナーゼの活性を3倍以上に増大する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT