傾斜型物質の製造方法

開放特許情報番号
L2003006530
開放特許情報登録日
2003/8/22
最新更新日
2015/9/4

基本情報

出願番号 特願2003-170653
出願日 2003/6/16
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-008427
公開日 2005/1/13
登録番号 特許第4161051号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 傾斜材料の製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 傾斜機能材料、傾斜材料
目的 母材との相性に関係なく添加物の濃度を長さ方向に精密に制御して傾斜を付け、添加物の種類を変えた混合体を製造し、それを元に傾斜型ガラスや単結晶を簡便に製造する方法の提供。
効果 母材の特性に関係なく添加物の濃度を長さ方向に精密に制御して傾斜を付けたり、種類を変えた混合体を製造し、それを元に傾斜型および多機能なガラスや単結晶を簡便に製造することができる。
技術概要
この技術では、単体あるいは複数の単体からなる母材に、添加材料の添加量を母材の長さ方向に傾斜的に変えた傾斜型物質を製造する方法において、単体あるいは複数の単体からなる母材を三次元的に長さ、幅、厚さを均一に配置した縦長長方体とし、その横側に添加する材料を同様に三次元的に長さ、幅、厚さを均一に配置させ幅のみを調整して縦長三角形として配置させた後に、母材に添加材料を幅方向に平行移動させて平行を維持したまま混合して母材中の添加剤の濃度傾斜を母材の長さ方向に作成することにより得られた傾斜混合試料を高温度で焼成して傾斜材料を製造する。また、添加物の量が少なすぎて傾斜的に混合が困難な場合には、傾斜させる添加材料として、母材と添加材を均一に混合した添加材料を作成し、母材と添加材の割合を調節することにより、微量の添加材料を傾斜させることにより得られた傾斜混合を高温度で焼成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT