糖ヌクレオチド合成活性を有する耐熱性酵素および該酵素をコードするDNA

開放特許情報番号
L2003006511
開放特許情報登録日
2003/8/22
最新更新日
2015/9/4

基本情報

出願番号 特願2003-162623
出願日 2003/6/6
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-357634
公開日 2004/12/24
登録番号 特許第4224581号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 糖ヌクレオチド合成活性を有する耐熱性酵素および該酵素をコードするDNA
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 様々な種類の糖ヌクレオチドを合成でき、癌転移、器官発生或いは細胞性免疫等の分野で広く利用される。
目的 耐熱性を有し、かつ様々な糖、ヌクレオシド三リン酸を基質として、糖ヌクレオチドを合成することが可能な新規酵素の提供。
効果 糖ヌクレオチドは、糖タンパク質、糖脂質、多糖類の糖鎖合成に糖供与体として機能し、その生物学的利用価値は極めて大きい。
技術概要
Met−Lys−Ala−Phe−Ile・・・Glu−Phe−Phe−Lys−Val等のアミノ酸配列を有するか、或いは、これらのアミノ酸配列において、1以上のアミノ酸残基が欠失、置換、挿入または付加されたアミノ酸配列を有し、かつ糖ヌクレオチド合成活性を有する蛋白質。尚、この蛋白質をコードするDNAがベクターに組み込まれている組換え体DNAが、宿主細胞に導入されている形質転換体を培養させることにより、蛋白質を製造し、また、糖一リン酸及びヌクレオシド三リン酸に、前記蛋白質を作用させて、糖ヌクレオチドを製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT