気相反応触媒の迅速探索方法

開放特許情報番号
L2003005949
開放特許情報登録日
2003/8/1
最新更新日
2015/9/3

基本情報

出願番号 特願2001-391203
出願日 2001/12/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-164767
公開日 2003/6/10
登録番号 特許第3837489号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 水素製造用触媒の迅速検索方法
技術分野 無機材料、化学・薬品、その他
機能 検査・検出、材料・素材の製造、その他
適用製品 固体触媒、水素製造用触媒
目的 低級炭化水素の分解による水素の製法のような特定の気相反応に好適な触媒を、迅速かつ簡易に低コストで開発する探索手法を提供する。
効果 気相反応に使用される活性成分と触媒担体からなる触媒等の最適な組合せを、多数の触媒を同時に試験することにより、労力を低減し、迅速かつ簡易に低コストで短時間に探索できる。
技術概要
本発明の気相反応触媒の迅速探索方法は、上端が開口された複数の収納器に、それぞれ相異なる複数種の触媒を導入し、その複数の収納器の全てを反応容器中に配置し、その反応器内に原料含有ガスを導入して、原料含有ガスと複数種の触媒とを加熱条件下に接触させる反応を行って、複数種の触媒性能を同時に選別評価するであり、特に、メタンから水素を製造する反応触媒の開発に有効であり、ガス状原料の気相接触反応によって、ガス状原料が分解して固体及び気体を生成し、出口生成ガスの分析を行わなくとも反応の進行状況を正確に把握できるような反応系に用いられる触媒を迅速、簡易に開発する方法に使用できる。図1はメタンから水素を製造する熱分解反応用触媒の開発手法を示す概念図である。図2は迅速探索法反応装置の一例である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 気相反応に使用される活性成分と触媒担体からなる触媒等の最適な組合せを、多数の触媒を同時に試験することにより、労力を低減し、迅速かつ簡易に低コストで短時間に探索できる。
改善効果2 触媒開発の迅速化に寄与するものであり、特に、メタンの熱分解により水素を製造する反応触媒の迅速な開発に極めて有用である。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT