スメクタイト−チタン酸化物多孔体及びその合成方法

開放特許情報番号
L2003005913
開放特許情報登録日
2003/8/1
最新更新日
2015/9/3

基本情報

出願番号 特願2001-361664
出願日 2001/11/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-165721
公開日 2003/6/10
登録番号 特許第3686939号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 スメクタイト−チタン酸化物多孔体及びその合成方法
技術分野 無機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 遮水材料、砒素等有害物質吸着材
目的 スメクタイトとチタン酸化物からなり、細孔を有する多孔体及びその合成法等を提供する。
効果 水に溶解した三価及び五価砒素イオンを吸着し、砒素濃度を排出基準である0.1ppm以下まで低減させることが可能であり、遮水材の構成成分として有用である。
技術概要
本発明のスメクタイト−チタン酸化物多孔体は、スメクタイトゲルと酸化チタンの水分散液を混合してこれらのゲル分散液を調整し、水熱処理してスメクタイト層間に酸化チタンをインターカレートしたもので、この水熱処理の時間、温度を調整することにより、数ナノメートルから十数ナノメートルの範囲で平均細孔径を制御したことを特徴とし、三価及び五価砒素イオンの吸着作用を有する。また遮水性を有するベントナイト混合土にスメクタイト−チタン酸化物多孔体を混合して遮水材を構成する。これにより一般産業廃棄物最終処理場の遮水材として使用でき、土・ベントナイト混合土の透水性を改善し、有害物質吸着能を付与できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 遮水性と三価及び五価砒素イオン吸着作用を併せ持つスメクタイト−チタン酸化物多孔体及びその合成方法を提供することができる。
改善効果2 多孔体を構成要素として含む遮水材を提供することができる。
改善効果3 多孔体を少量、土−ベントナイト混合土に加え、遮水層を形成することにより、一般及び産業廃棄物最終処分場において、遮水層に三価及び五価の砒素吸着能を付与せしめ、砒素の処分場外環境への漏洩を防止することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT