伸縮自在なストラップ装置及びそれを備えたバッグ

開放特許情報番号
L2003005901 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けますこの特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/8/1
最新更新日
2003/8/29

基本情報

出願番号 特願2001-359219
出願日 2001/11/26
出願人 川北 喜十郎
公開番号 特開2002-345535
公開日 2002/12/3
登録番号 特許第3359627号
特許権者 川北 喜十郎
発明の名称 伸縮自在なストラップ装置及びそれを備えたバッグ
技術分野 生活・文化
機能 その他
適用製品 バッグ、携帯ストラップなどの各種ストラップ、キーホルダー
目的 ストラップを使用しないときにはストラップがバッグ本体から垂れ下がり、バッグを床に置いたときにストラップが床に触れるので衛生上よくないという従来のショルダーストラップ付きバッグの欠点を解決する。また、携帯着信時に、ストラップに付いた落下防止用のクリップをいちいち外さなくても良い携帯用ストラップを提供する。
効果 (1)ストラップを使わないときにはバッグから垂れることがない。 (2)ストラップがバッグから垂れて床に触れないので、安全で、衛生的である。 (3)ストラップがバッグ上に収納されているので、バッグデザインがスッキリする。 (4)ストラップを引き出すと全長で約3倍もの長さに伸びる。 (5)スライダーが滑車のような役割を果たしており、ストラップの引き出し及び収納は極めてスムーズで、片手で5秒でできる。
技術概要
 
バッグの上面にストラップが設けられている。2本のストラップの一端が、左右のスライダーにそれぞれ取り付けられている。ストラップの他端は相手側のスライダーのスリットを通って自側のスライダーに戻っている。こうすることで、2重に重なった一組のストラップが左右のスライダー間に存在するので、全体としてスライダー間の距離の4倍の長さのストラップがスライダー間に存在する。左側のスライダーにはロックが設けられており、このロックはバッグに取り付けられたキーに差し込まれる。右側のスライダーはパッド上に取り付けられている。ストラップを引出すときには、ロックをキーから外してパッドをバッグから引き上げる。ストラップを収納するときは、ロックをキーに差し込んで、次にスライダーを右方向に引くだけでストラップは1/4の長さに戻る。携帯ストラップに応用すると、着信時に瞬時にストラップを約4倍の長さに引き伸ばせる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【有】  ロックなしの製品「クイックストラップ」として平成14年10月より約900個の販売実績あり
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 国内は通常実施権 海外は独占的通常実施権または専用実施権
対価条件(一時金) 【要】30〜50万円
対価条件(ランニング) 【要】販売価格の5%
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 

登録者情報

登録者名称 川北 喜十郎

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】
サンプルの開示 【有】
サンプル1 携帯ストラップ
サンプル2 ロックインクイックストラップ付きバッグ
サンプル3 クイックストラップ
技術指導 【可】
期間 随時
技術指導料 【不要】 
コンサルティング 【可】
期間 随時
コンサルティング料 【要】相談の上

事業化情報

事業化条件
特別資格 【要】ロックインストラップ単体で製造販売予定
ポテンシャル 【要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
Copyright © 2018 INPIT