引圧発生装置およびそれを用いた検体分析装置

開放特許情報番号
L2003005719
開放特許情報登録日
2003/7/11
最新更新日
2004/4/9

基本情報

出願番号 特願平09-231506
出願日 1997/8/27
出願人 アークレイ株式会社
公開番号 特開平11-056821
公開日 1999/3/2
登録番号 特許第3498201号
特許権者 アークレイ株式会社
発明の名称 引圧発生装置およびそれを用いた検体分析装置
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 無し
目的 検体分析用具のための引圧発生装置を提供する。
効果 意図した目的を解決又は達成することができる
技術概要
 
検体分析用具のための引圧発生装置を提供する。この装置は、蓋板61、中板62、底板63および操作板64の4つの部品から構成されている。前記操作板64の下側のほぼ中央部には、引圧発生室を圧縮するための突起部642が形成されており、またその上側のほぼ中央部には操作のための突起部641が形成されている。前記底板63は、そのほぼ中央部に検体分析用具を差し込むための通路631が形成されており、この通路の所定部分に光照射のための孔632が穿孔されている。前記中板62には、前記操作板64を篏入させるための凹部623が形成され、この凹部623の中央部分に、前記操作板64の下側突起部642を突出させるための窓部621が形成されている。前記蓋板61には、前記操作板64の上側突起部641を突出させるための窓部611が形成されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 アークレイ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT