生花器、植木鉢、造花篭を備えた容器と巻上げ装置。此の特許は植木鉢で取得したものであります。生花器、造花篭では特許はとれません。

開放特許情報番号
L2003005631 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/7/11
最新更新日
2008/7/4

基本情報

出願番号 特願平10-071169
出願日 1998/2/12
出願人 金川 貞雄
公開番号 特開平11-225580
公開日 1999/8/24
登録番号 特許第3416765号
特許権者 金川 貞雄
発明の名称 生花器、植木鉢、造花篭を備えた容器と巻上げ装置
技術分野 生活・文化、電気・電子
機能 環境・リサイクル対策、安全・福祉対策、その他
適用製品 生花器、植木鉢、造花篭を備えた容器と巻上げ装置。本特許は、植木鉢を主体的に考えたもので、植木鉢を吊り上げ、吊り下げ、置き台、固定台等に利用出来る。形状は自由に変える事も出来る。
目的 花と植木を容器と調和させ、インテリア及びエクステリアとして利用出来る様にした、植木鉢(生花器、造花篭、を備えた容器と巻上げ装置)を提供する。
効果 植木鉢(生花器、造花篭)の利点を容器が備えたもので、上部容器と下部容器とで構成される。上部容器に花又は植木を植える。下部容器は水溜に利用される。上部容器に植えた花又は植木に肥料及び土を入れて、花又は植木に水を与えると、花及び植木の根が下部容器の水を吸収する。上部容器と下部容器の外側に、造花リングを取り付ける事が出来ると共に照明(光ファイバー)を取り付ける事が出来る為に、夜間は明るく、美しく表現することが出来る。使用する電気は電池を使用してもよい。其の他室内では、電気を直接使用してもよい様に考える。
技術概要
生花器、植木鉢、造花篭を備えた容器と巻上げ装置。 本特許は植木鉢で考えたもので、次の様になる。 上部容器と下部容器とで構成されている前記上部容器と前記下部容器とを連結する場合、ネジで固定する。上部容器の内部に生花、植木を植えて肥料及び土、又は造花を保持する交換可能な取付具からなり、上部容器に花又は植木を植えて水を与えると下部容器に水は溜まる。溜まった水を上部容器に植えた花又は植木の根が吸収する。 上部容器の下部にフィルターを取り付け、フィルターの中心部より紐を取り付け、下部容器の水を毛管現象(モオカンゲンショウ)で水を根が吸い上げる。 上部容器及び下部容器の外側に造花又は、照明(光ファイバー)を取り付ける事が出来る。容器には一年中花が咲いてる、また照明を取り付け夜間には花又は植木が明るく照らしだされ美しく表現することができる。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 

登録者情報

登録者名称 金川 貞雄

技術供与

技術指導 【可】
技術指導料 【不要】 
コンサルティング 【可】
コンサルティング料 【不要】 

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 
必要設備 【無】 
設備費用 【無】 
マーケット情報 【無】 
質的条件
事業化実績 【無】 
追加開発 【不要】 

その他の情報

海外登録国 アメリカ合衆国
関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国、中華人民共和国
Copyright © 2017 INPIT