インターネットを介するサービス処理中のバックグラウンド処理で顧客から依頼された計算課題を多数のクライアントコンピュータにより分散処理して大規模な並列処理計算を行うことができるメタ計算委託システム

開放特許情報番号
L2003005593 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/7/4
最新更新日
2015/7/30

基本情報

出願番号 特願2001-188923
出願日 2001/6/21
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構、平藤 雅之
公開番号 特開2003-006171
公開日 2003/1/10
登録番号 特許第3966375号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構、平藤 雅之
発明の名称 インターネットを介する並列処理計算委託システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 パーソナルコンピュータ、TVゲーム装置、携帯電話機、家庭電化製品、自家用車、Webサーバ、FTPサーバ・ファイルサーバ・プリンタサーバを含む計算機、自動販売機、ファクシミリ、気象観測装置、データロガー
目的 インターネットを介する情報提供サービス事業者のホストコンピュータにおいて、並列処理計算課題を顧客のカスタマコンピュータから受託し、多くのユーザーのクライアントコンピュータよりのサービス依頼に応答して、インターネットを介してそれぞれの情報提供を行うに際して、そのサービス処理中のバックグラウンド処理で顧客から依頼された計算課題をそれらクライアントコンピュータにより分散処理して大規模な並列計算を行うことのできるシステムを提供する。
効果 インターネットに接続されているコンピュータはほとんどアイドリング状態にあるので、この計算資源を有効利用できる。クライアントで実行する計算を汎用性の高いモンテカルロ型計算問題に限定することにより情報サービスを受けている不定期間の時間を有効利用できる。ビジネスとして株価予測、DNAやアミノ酸配列の解析、タンパク質の構造計算、生態系の動態解析と予測、国際的なマネフローの動態解析と予測などに適用できる。またインターネットによる物品購入時において電子決済の兌換貨幣として広く利用することができる。
技術概要
 
インターネットを介する情報提供サービス事業者の少なくともWebサーバを備えたホストコンピュータにおいて、並列処理計算課題をカスタマコンピュータから受託して、情報提供サービスを利用するユーザのクライアントコンピュータよりの要求に応答して情報提供を送信するに際しそのサービス処理中のバックグラウンド処理で計算課題を複数のクライアントコンピュータにより分散処理して並列処理計算を行わせるメタ計算委託システムである。クライアントコンピュータが情報サービスを受け交信している時間が不定であることに対応して、計算課題を解くに際し、演算時間の短いプログラムをランダムに生成した初期値を元にして個々の計算を独立に実行させ全体として膨大な回数の実行を行うモンテカルロ型最適解探索の計算処理が行えるように、複数のプログロムを接続されている複数のクライアントコンピュータに逐次送信し、ランダムに生成した初期値を元に独立にまた同時並行的に実行させそのクライアント側で評価関数の値が良い解をホストコンピュータへ返送し、クライアント側の寄与量に応じたポイントをホスト側のデータベースに記録するインターネットを介する並列処理計算委託システムである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT