重金属イオン吸着剤及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003005126
開放特許情報登録日
2003/6/13
最新更新日
2015/9/2

基本情報

出願番号 特願2001-267719
出願日 2001/9/4
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2003-071280
公開日 2003/3/11
登録番号 特許第3663437号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 重金属イオン吸着剤及びその製造方法
技術分野 無機材料、金属材料、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 重金属イオンの選択吸着性に優れ、重金属イオンを安定して取り込むことができるキレート樹脂として利用される。
目的 母材樹脂に金属捕捉基が固定され、選択的に重金属イオンを吸着し、安定に取り込むことのできる新規な重金属イオン吸着剤の提供。
効果 金属捕捉基の立体的自由度が高く、線状共重合体の主鎖が形状を変えて重金属イオンを、効率よく、取り囲み捕捉することができる。
技術概要
多孔質架橋ポリアクリル酸エステル樹脂(比表面積は50〜800m↑2/g、平均孔径は1〜10nm、粒度は20〜200メッシュ)等の多孔質合成樹脂をアミノ化し、次いで無水マレイン酸単位をもつ線状共重合体を反応させて、多孔質合成樹脂中のアミノ基と無水マレイン酸単位の一部との間で化学結合を形成させた後、アミノ基をもつキレート形成性化合物を反応させてキレート形成性基を導入することにより、重金属イオン吸着剤を得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT