特定のアミノ酸を選択的に吸着し回収するアミノ酸吸着材

開放特許情報番号
L2003004464 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/5/16
最新更新日
2016/8/1

基本情報

出願番号 特願2000-081015
出願日 2000/3/22
出願人 独立行政法人農業生物資源研究所
公開番号 特開2001-259418
公開日 2001/9/25
登録番号 特許第3393379号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 アミノ酸吸着材およびアミノ酸の回収方法
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 アミノ酸の分離材料、材料科学素材、バイオテクノロジー材料、アミノ酸の分離、アミノ酸の回収
目的 アミノ酸含有水溶液から特定アミノ酸を吸着するための吸着材、およびその吸着剤を用いる特定アミノ酸の回収方法を提供する。
効果 本発明によれば、絹タンパク質および絹タンパク質で表面が被覆された担体微細粒子をアミノ酸吸着材として用いることにより、特定のアミノ酸を吸着し回収することができる。この吸着材により、リジン、アルギニン、ヒスチジンなどの塩基性アミノ酸を選択的に吸着できると共に、アスパラギン酸、グルタミン酸などの酸性アミノ酸も選択的に吸着することができる。従って本発明の吸着材は物質混合系から特定のアミノ酸の分離材料として、化学工業や食品工業プロセスなどにおいて広く利用できる。
技術概要
 
本発明のアミノ酸吸着材は、絹タンパク質または絹タンパク質で表面が被覆された担体微細粒子からなり、複数のアミノ酸を含有する水溶液中に存在する主としてリジン、アルギニンおよびヒスチジンからなる塩基性のアミノ酸や、主としてアスパラギン酸およびグルタミン酸からなる酸性アミノ酸を選択的に吸着するものである。この絹タンパク質は、粉末状、ビーズ状、膜状、繊維状または液体状である。本発明の特定アミノ酸の回収方法は、上記アミノ酸を選択的に吸着した吸着材を水洗した後、酸性水溶液を用いて主としてリジン、アルギニンおよびヒスチジンからなる塩基性のアミノ酸を吸着材から脱離させて回収し、また、アルカリ性水溶液を用いて主としてアスパラギン酸およびグルタミン酸からなる酸性アミノ酸を吸着材から脱離させて回収することを特徴とする。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT