永久磁石式リラクタンス型回転電機

開放特許情報番号
L2003004047 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/5/23
最新更新日
2003/10/31

基本情報

出願番号 特願平11-122000
出願日 1999/4/28
出願人 株式会社東芝
公開番号 特開2000-316262
公開日 2000/11/14
登録番号 特許第3210642号
特許権者 株式会社東芝
発明の名称 永久磁石式リラクタンス型回転電機
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 永久磁石式リラクタンス型回転電機
目的 回転中に生ずる永久磁石の遠心力を支える鉄心の発生応力を小さくして高速回転が可能で、かつ回転中の永久磁石の飛散、回転子の破損等を生ずることがなく信頼性が高く、しかも組立てが容易な構造とします。
効果 鉄心の永久磁石埋め込み穴の両端に加わる永久磁石の遠心力による力を均等にし、かつ鉄心の永久磁石埋め込み穴に軽比重の非磁性部を設けているので、永久磁石の質量を減らして永久磁石の遠心力による力を軽減し、総じて鉄心の永久磁石埋め込み穴の周辺部の応力および変位量を小さくして高速回転が可能となりました。
技術概要
新規な磁極構成により、小型かつ高出力で広範囲の運転が可能となる永久磁石を複合した永久磁石式リラクタンス型回転電機です。電機子コイルを有する固定子と、互いに隣り合う磁極間を通る電機子の磁束を打ち消すような永久磁石を、全ての相対する磁極の向きが同一となるように鉄心内に設け、かつ磁極間の永久磁石外周側に非磁性部を設けることによって、周方向に磁気的凹凸を有する回転子とを備えて構成します。磁極間の永久磁石外周側の非磁性部に、少なくとも1本の柱を有してブリッジ構造とします。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社東芝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT