アルキレンカーボネートの製造方法及びそれに用いる触媒

開放特許情報番号
L2003003345
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2015/9/2

基本情報

出願番号 特願2001-165477
出願日 2001/5/31
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2002-363177
公開日 2002/12/18
登録番号 特許第3951006号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 アルキレンカーボネートの製造方法及びそれに用いる触媒
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策、洗浄・除去
適用製品 アルキレンカーボネート。
目的 熱安定性に優れ、かつ触媒調整及び反応後の触媒分離が容易な固体触媒及び該触媒を用いた工業的に有利なアルキレンカーボネートの製造方法。
効果 高収率、高選択率でアルキレンカーボネートを得る。
技術概要
 
Sc、Y及びランタノイドなど希土類元素酸化物、ハロゲン化物、酸化ハロゲン化物から選択する触媒を触媒として、アルキレンオキシドと二酸化炭素から、高活性かつ高選択性で、アルキレンカーボネートを合成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 アルキレンカーボネートを高収率、高選択性で得る。
改善効果2 触媒の分離、回収が容易である。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT